FC2ブログ

第40話「海賊退治」

こんにちは~(*´ω`*)



始めから読みたい方はこちらからどうぞ(。•̀ᴗ-)✧
↓↓↓↓↓↓↓↓
第1話はこちら♪




==================



『大航海が夢の跡 ~まったりゆったり航海中♪~』



第40話 「海賊退治」


次の日の朝は快晴で
ラスパ

絶好の航海日和である。


水と食料を補充しラスパルマスを出港する。 



ここから先は海賊被害が多発する危険海域であるから
いつもより見張りを増やし慎重に船を進める



おそらく海賊は
沿岸に近い航路を流しているであろう。

そう見当をつけてやや東南に舵を切る。

カナリア沖を抜けると

見張り役に更に警戒するよう命令し
周囲を注意深く観察しながら南下を続ける。


『10時の方向に海賊船3隻!』
マストトップにいる見張り役が
アルギン手前の奥まったところいる海賊船を発見した。

バーバリアンガレーが3隻か。


あれならオスマンガレーの敵じゃない。

逃げて後ろから囲まれるより
殺られる前に仕掛けることにした。


相手側は
攻められると思っていなかったらしく

先制攻撃が成功。

こちらに向かってきた2隻を
重量砲撃で牽制しつつ海岸線ギリギリまで移動する。

敵艦隊の動きを見ると戦闘経験が豊富そうなメンバーは見られない。


普段から交易船や冒険船を中心に
海賊活動しているのだろう。

戦力差は3対1だが、性能が違う。
対抗し得ないほどではない。

海岸線際から滑るように移動し
動きの鈍い1隻に当たりをつけ

船尾に向かってラムアタック!
critical!(アッー!)

敵船は大破し座礁。

これで2-1状態に持ち込んだ。

この間に接近を試みてきたバーバリアンガレーを重量砲撃で足を止め、
風下にいるもたついた、もう1隻を撃沈!

敵軍船2隻を立て続けに葬る


戦況は1-1のタイマン状態。





だが最後の1隻は怖じけついたのか
仲間を見捨てて逃げ出した





「海賊の風上にもおけないクズが!」
カンツォーネが咆哮する



船首砲から重量砲撃して敵の足を奪い
船尾を追いかけ左後ろから近づき

接舷を仕掛け白兵戦に持ち込む!


「海賊をなめるな!」
あとはカンツさんの怒りの突撃

敵の船員たちの士気は低く
更に圧倒的な人数差で圧勝である。


戦闘終結となった。



その後、
海賊の頭目をカンツさんが
20201121232509bb2.jpg

優しく恫喝(どうかつ)し、
このまま近くにある海賊本拠地を強襲。

ほとんど戦力は残っておらず無事鎮圧できた。

戦利品はまずまずのお宝と


商船から捕まえた人質らしき商人が二人か。

どうやら夫婦みたいだ。



「助けて頂き感謝します!
フランスはパリで宝石類の商いをしておりますシャルロッテと申します。このお礼は必ず!」


かなり恰幅のいい身なりの良い商人だ。
たださすがに奥方は衰弱しているようなので、
食料を提供して横になってもらう。

「こちらはイングランドを本拠地としている、
東インド商会のウチダーノと申します。

困った時はお互い様です。
アルギンまでならお送りできますが如何でしょうか?」

「願ってもない申し出です!宜しくお願い致します」

捕虜にした海賊共を縛り上げ
拿捕した船に纏(まと)めて載せてアルギンまで曳航(えいこう)する。



【西アフリカ アルギン】


捕虜にした海賊共を乗せたバーバリアンガレーを曳航し、
無事アルギンに寄港する。

海賊共は役人に突きだし牢屋に入れる。
奴隷として売られるのだろう。

海賊には手配書が出ていたらしく、
良い金額の賞金と配当金が貰えた


バーバリアンガレーは造船所に引き取って貰うが、
傷みが酷く二束三文にしかならなかった。

そして肝心の
人質になっていたシャルル夫妻には
リスボンまで行く商船を探して
その船長にお金を握らせ二人を頼む。

「助けてくださっただけでなく、
リスボン行きの船まで手配してくださるとは!」

「いえいえ、この手紙をリスボン支店のリンドウにお渡しくだされば、パリまで手配してくれるでしょう」

きっとリスボン支店の入り口にいる熊の腹芸に驚くだろうなw

「おお!なんとありがたい申し出!
この御恩は命に変えてでも、必ず返させて頂きます!」

シャルル夫妻は地に届かんばかりのお辞儀で感謝を表す

「いえいえ、必要ありません。
私も皆から親切にされてそれを返しているところです。
どうか他の困っている方がいれば、
その方を助けてあげてください」

たまたま助けただけだし、
パリまで送れないしね。

「なんと悟られた方だ!まるで司祭様のようです!
ウチダーノ様この度の事、子孫代々まで語り継がせて頂きます!」


興奮したシャルロッテ夫妻を見送り、
我々も水と食料を補給しアルギンを出港する



==================



一日一回ぽちっとな♪( ´∀`)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うちだーの

Author:うちだーの


縺セ縺医☆縺ィ繧浩convert_20160229100712
(ラビ師匠作)

大航海時代A鯖
名前:ウチダーノ
国籍:イングランド

ロンドン
英・東インド会社商会所属

第6代目 会長 →副会長

おもに平日お昼に生息してます
ただいま商会員募集中♪

◎A鯖定期バザー
①毎月 1日22時 
チュニスマーケット
②毎月第一月曜日21時 
ヴェネ祭り
③毎月17日21時 
ジェノババザー
④毎月第三土曜日21時 
アムスバザー

◎E鯖定期バザー
①毎月第一金曜日22時 
アムステルダム定例バザー
②毎月第一土曜日21時 
フリーマーケットinセビリア・セビリアオークション
③毎月第二土曜日20時 
海一バザー
④毎月第二・四日曜日20時 
マルセイユ日曜市



20150125210846928s_convert_20150126115238.jpg
(☆彩香さん作)

giren3s_convert_20150612115018.png
(ダニエリさん作)

2015081412413240fs.png
ラビさん作

集合写真
らびさん作

繝€繝シ繝弱す繧「繝ウ繝悶Λ繧ケ繝舌Φ繝雲convert_20160305130124
ラビさん作

20161129093501e0e.png
らびさん作


自画像
クレーさん作

20161222233252e81.png
ひーさん作

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR