FC2ブログ

第57話 「フィーナとの約束」

こんにちは~(*´ω`*)



始めから読みたい方はこちらからどうぞ(。•̀ᴗ-)✧
↓↓↓↓↓↓↓↓
第1話はこちら♪




==================



『大航海が夢の跡 ~まったりゆったり航海中♪~』



第57話 「フィーナとの約束」




なんとかキキの姉御とミャーさんを
アトランティスで救助できた



ミャーさんの話を聞くと、
カンツさんとはぐれた後は、キキの姉御に保護されて
そのままの流れで航海に付いて行ったようだ。

いまはカンツさんとベッタリくっついている。

良かったね、カンツさん!



姉御もアトランティスの調査が
このような中途半端な形になるとは思ってもいなかっただろう。
本来だと半年はみっちり調べるはずだから
かなり不満なはずだ。

また勝手に調査に行きそうで怖いなw


そんな事を考えながら
海図を見ているのだが、


どうしよう……


まさかの迷子です


南下すれども蝦夷が見えないのだ!
しかも異常に暑い。

11月の蝦夷は寒いはずなのに猛暑日だ
たぶん30度は軽く越えてるぞ

六分儀で太陽高度を測り、
三角定規や計算表を使って海図を作ろうにも
明らかに緯度が違う。いや経度もだ。

ウンウンと海図とにらめっこしていると、

シンシアが天球儀を持ってきて指差す
 

「ダーノ!先程までいたアトランティスの指し示す場所がこんな所に!」

シンシアが指し示す場所は、

なんと【カリブ海サンフアン沖】!!!!


ジパングの蝦夷沖にいたはずが
いつの間にかカリブ海に移動していたとは……


どういう原理なんだよ、全く……

姉御じゃないけど
アトランティスはじっくりと調べに行きたいわ


そうと決まればもう一度六分儀で太陽高度を測り、
今度は上手く緯度も経度も当てはまり正確な海図が作成できた。


サンフアンから北に100㎞

後続の船に手旗信号を送り進路を変更。

目指すは東、まずはリスボンだな



~~~~~~~~~~~~


【ポルトガル リスボン】


サンフアン沖からは順風満帆で
嵐もなく無事にリスボンに寄港できた


ここを出てはや3ヶ月か
なかなか充実した毎日だったな

港に降り立つと、そこには

見知った顔立ちの女の子が出迎えてくれた
20201027111106e9fs_202012081001184b3.png

「ダーノンお帰りなさい!」

会ってすぐにお腹をグサグサ刺してくる
ああ、このやり取り懐かしいな

「ただいま、ヒナちゃん。
この3ヶ月でだいぶ背が伸びたね」

10㎝は伸びてるよ。若い子は成長が早いわ

「なに言ってるの?
あれから1年9ヶ月は経ってるわよ?」

えっ!?そんなに?3ヶ月差し引いてもたった三時間ほどで18ヶ月か。
やはりアトランティスとの時間軸はかなりおかしいようだ

「そうなんだ!

時間は掛かったけど無事にアトランティスを見つけて、
約束通りお母さんを連れ帰ってきたよ」


「えっ!ほんとっ!?」

後ろからリンドウさんの奧さんが飛び出してくる。



「フィーナ!ああ、こんなに大きくなって……」

再開ひな

「お母さーん!!!」

二人抱き合って泣いている

あかん、貰い泣きしそう


「ダーノン約束守ってくれてありがとう!」

チュッ
抱きつかれてホッペにチューされたよ

う~ん、
せめてあと10年後にご褒美をくれw



感動の再会を喜び
東インド商会のリスボン支店に赴く。

カンツさんとミャーさんは用事があるみたいで
後で屋敷に合流するようだ。

プラタ通りを過ぎて
レスタウラドーレス広場の近くにある
4階建てのゴシック建築風の屋敷が商会所有の屋敷だ


熊の熊五郎は少しは大きくなっただろうか?

「ヒナちゃん、熊五郎は元気か?」

「あー、熊五郎じゃなくだーのんよ!連れてくるね!」

ややこしいから人の名前を付けるのは止めてくれw

奥の倉庫から連れてきたのは、

二メートルを超える巨大な壁、いや巨大な熊だ!

「なんじゃこりゃー!」


くまごろう


あの小さくて可愛かった小熊がこんなデカさに!

「毎日お肉をあげてたからか少し大きくなったかな♪可愛いでしょ~!」


おいおい、頭かじられて血が出てるってw

あ、笑顔で殴り返してるw

「いやいやいや!こりゃ大きすぎで飼うの大変っしょ?」


「うん、私以外には懐かなくてね…」

ふぅむ……
あ、そうだ!あれがあるじゃないか!

懐から秘密兵器を出す
アトランティスのお土産
【愛情たっぷり特製ご飯】!


さぁ、これをお食べ…

熊五郎(だーのん)は
【愛情たっぷり特製ご飯】を食べきると、

かなり喜んでいる!
あまりの嬉しさにオシッコをかけてくる!
嬉ション止めてw
身体を擦り寄せてマーキングしてくる!
お腹をシェイキングしてアピールしている!
目がハートだ!
アへ顔してるし抱きついて離さない!


端から見ると俺が捕食されているようだw




あーこりゃたまらんw
ラナンさんに引っ張りだしてもらい
なんとか脱出できた

熊五郎が悲しそうにこちらを見つめている
どうやら仲間になりたそうだ

「あー★ダーノン酷いわ!これは責任取って貰わないと♪」

くっ、擦(なす)り付ける気満々じゃないか

しょうがない、うちのペットにするか。


ピコーン!
【熊五郎がペットに追加されました】

◎追加発見
発見物を発見した際ペットがアイテムを探してくる。
親密度によって確率が上昇する。
(現在親密度:MAX!)

◎威嚇戦闘
一定確率で陸上戦で敵に襲われる確率が減少し、飼い主の替わりに戦う。
親密度によって確率が上昇する。
(現在親密度:MAX!)


◎逃走
背中に乗ると敵との戦闘から逃げ出すことができる
親密度によって確率が上昇する。
(現在親密度:MAX!)

頭の中で響き渡る

なんだよ、この謎システムはw
しかもあまり使わなさそうなスキルだし。

あ、でも熊五郎が大人しくなった
ちゃんと連れていくからここで待ってな。


倉庫から離れ屋敷に入る

屋敷ではリンドウさんと奥様が感動の再会を喜んでいた。

「おお!ウチダーノ様!
この度は家内を連れ帰ってくれてありがとうございます!」

リンドウさんは俺の両手をガッシリ握りしめ離さない

ありがとうありがとう…

涙を流して感謝を述べている

「気にしないでください。物の序(つい)で
ですから」

「それでも、…ありがとう!」


…照れるな
グゥ~ギュルグルグル★
こんな時に腹の虫が!恥ずかしいw


「ふふ、お腹も空いたでしょう!
今日は御馳走を用意しますので色々お話を聞かせてください」


食堂では改めて盛大に歓迎され、
たらふく食って飲んで笑って唄って♪

ヒナちゃんと奥さんとリンドウさん家族三人を見てると微笑ましかった

良かったねヒナちゃん!





~~~~~~~~~




昨夜は楽しい晩餐だった

リンドウさんもヒナちゃんも大喜びだったしね


結局クマの熊五郎はうちで引き取ることになった

なぜかある程度の意思の疎通が出来るようだ
これはチートなテイマー街道待ったなし!

夢が広がる!憧れる~!

まぁやらないけどねw
船部品商人には必要ないから

ロンドンの商会前で番犬ならぬ番クマにしよう
(´・(ェ)・`)


いま港にてリンドウさんやヒナちゃん達に見送られてる所だ。

「わざわざ見送りありがとうございます」

「いやいや、いつかこの恩を帰させてください。
ああ、そうだ!これを預かっていました。

君たちが以前アフリカで助けたフランスの宝石商が
御礼にと後日届けてくれた品です」


【プラチナの原石】を2個手に入れた!

おお!これは宝石鉱山の超レア物じゃないか!

「有り難く頂きます」

「こちらこそ本当にありがとう!
道中気を付けて!良い風が吹きますように!」
「またね~!ダーノンのお腹刺させてね~!」


ブンブン手を振って別れを惜しむ


徐々に港を離れていくがまだ手を大きく振っているのがわかる



すべての出会いと別れに意味がある


縁があればまた会えるし、また繋がる
再び会うまでの遠い約束





今はただ、別れを惜しもう









==================



一日一回ぽちっとな♪( ´∀`)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うちだーの

Author:うちだーの


縺セ縺医☆縺ィ繧浩convert_20160229100712
(ラビ師匠作)

大航海時代A鯖
名前:ウチダーノ
国籍:イングランド

ロンドン
英・東インド会社商会所属

第6代目 会長 →副会長

おもに平日お昼に生息してます
ただいま商会員募集中♪

◎A鯖定期バザー
①毎月 1日22時 
チュニスマーケット
②毎月第一月曜日21時 
ヴェネ祭り
③毎月17日21時 
ジェノババザー
④毎月第三土曜日21時 
アムスバザー

◎E鯖定期バザー
①毎月第一金曜日22時 
アムステルダム定例バザー
②毎月第一土曜日21時 
フリーマーケットinセビリア・セビリアオークション
③毎月第二土曜日20時 
海一バザー
④毎月第二・四日曜日20時 
マルセイユ日曜市



20150125210846928s_convert_20150126115238.jpg
(☆彩香さん作)

giren3s_convert_20150612115018.png
(ダニエリさん作)

2015081412413240fs.png
ラビさん作

集合写真
らびさん作

繝€繝シ繝弱す繧「繝ウ繝悶Λ繧ケ繝舌Φ繝雲convert_20160305130124
ラビさん作

20161129093501e0e.png
らびさん作


自画像
クレーさん作

20161222233252e81.png
ひーさん作

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR